幸せは人それぞれ

子育ても終え、後は人生を謳歌するのみ!最大限にセカンドステージを楽しもうと日々模索しています。

別居にむけてアパートを探す

 早速、賃貸マンションを探す。娘も一緒に住み息子も時々泊まりに来る…となると3DK以上の広さが必要。家賃は安い方がいい。車も持っていきたい。そうなると郊外で徒歩15分としても毎月の出費は10万超える。生活できるのだろうかと不安がよぎる。

とりあえず手頃な7万円台のマンションで内覧希望を出してみた。すぐに数社から返事が来た。早速娘と見に行った。どことなく侘しさが漂う…決してぼろぼろというわけではないが、なんだか人生に敗北して転がり込むように思えて物悲しい。もちろん居住者もいるし、以前住んでいた社宅はこの比ではないほどボロかった。住めば都、今の気持ちがそう思わせているのだと自分に言い聞かせてみたが気が進まない。よくよく話をきいてみると現在は少人数家族が多いため3DKは流行らないとのこと。2LDKが主流ということなので、翌週再チャレンジした。家賃も8万円台に上げてみたところ、今度は普通に住めそうな落ち着いた物件に出会えた。駅前と徒歩15分の2物件。確かに駅前は便利だけどなんとなくマンション周りが落ち着かない。駐車場もない。娘も見晴らしもよく静かな徒歩15分の物件を気に入ったので、そちらで契約することにした。

しかし、悩む…本当にいいの?大それたことをしようとしているのは事実。決断する段になって弱気が顔を出す。動き出したら後にはひけない。丸一日悩んだ。仕事も手につかない。本当にやっていけるのだろうか。定年まであと五年、それまで欝々とした毎日を送りながらとはいえ、お金を貯められるのであればそのほうが堅実だ。しかし、五年後に本当に幸せになれるのか。お金に余裕があっても旅行すら行きづらく、毎日イライラしながら夫のことを考える生活はうんざりだよ。

結局答えは最初から決まっている。今を無駄にしたくない。安全地帯から飛び出さないと新しい世界はやってこない。