幸せは人それぞれ

生きている限り、尽きることのないハプニングの記録・・・時々自戒もこめて

別居開始 感動とすがすがしさと罪悪感少々

引っ越した夜は大雨だった。娘は飲み会でいない。雨の中、買い物に一人出かける。不安と寂しさと罪悪感が押し寄せてくる。本当にやっていけるのだろうか。実はとんでもなく悪いことをしでかしたのではないか。あの家を思い出すと、そこにいる息子を思い浮かべると、切なくて涙が出そうになった。もう後戻りはできない。私は安全地帯から飛び出したのだから。広い世界へと踏み出したのだから。好きな時にお風呂に入り、好きな時に好きなものを食べる…しかし、考えてみるとそんなささやかなことのために別居したのか!自分勝手?母親は我慢して家族の世話をするべき?否!家政婦は私のやりたいことではない。もう子どもたちは私がいなくても生きていける。

 

置いてきたようで心配した息子も意外とうまくやっている。彼は私ほど父親を毛嫌いしているわけではない。話しかけてくるのがめんどくさいという程度のようだ。早速泊まりに来て、二つ居場所があることを楽しんでいる。娘も家を出ようって私を後押ししたわりにはあの部屋好きだったんだよな…なんて言うから少し心配したが、結局はバイトやら学校やら自分の生活で手一杯だ。つまりはどっちでもよかったんじゃない?とも思えるが…(笑)

 

ようやく自由がやって来た。昔から行動力が売りの私にできないことはない!そう信じて突き進んだ。無謀といわれようが、自分勝手と言われようが、直観でいけると判断した場合は、常に勝負に出た。中途半端でいい加減に出た時はみじめに打ちのめされるけど、確固たる信念で暴走するときは勢いでぶっちぎることができる。今回も今しかない!と思ってから実行まで一か月。途中で立ち止まったら不安に押しつぶされて、飛び出すことはできなかっただろう。

 

ここ数週間、数か月、数年、心の中にずっとかかっていた雲が徐々に消えていく。半世紀以上生きてきて、ようやく自分をほめてあげられる。

 

娘が、私が夫に宣言した時に、本当に言ったの?すごい!エライよ!とほめてくれた。お母さんは物事を進めていく力があるって言ってくれたのがちょっぴりうれしかった。しかし、何も言わずに出ていくわけにはいかないでしょ。(笑)