幸せは人それぞれ

生きている限り、尽きることのないハプニングの記録・・・時々自戒もこめて

消えていった罪悪感

別居して約2年、ここにきてようやく自分を取り戻し始めた気がする。

別居する前は家に一刻も早く帰りたかったのに、帰るたびにイライラしていた。早く自分の部屋に籠りたく(引きこもりの母w)、本当は汚れている壁やら雑草生え放題の庭を掃除したくてもそこに夫が居て、自分がいかにも「かいがいしく家事をする妻」となるのがたまらなく嫌だった。そしてあちこち汚れや痛みを放置した家に住む居心地の悪さがよけい私を落ち着かなくさせた。

今、丁寧に洗濯することもキッチンの汚れを落とす作業も全く苦にならず、鼻歌まじりでやっている。一分一秒も無駄にできないという焦りに追われていた日々が嘘のようなのんびりとした毎日だ。何も作業が進まなくても落ち込まないしイライラしない。娘の用事ででかけることになっても楽しめる。当たり前の平凡な生活が楽しいと思えるようになった。

そして常に澱のように沈んでいた罪悪感が消えた。全てを自分のせいだと思い込んでいたけど、よく考えたら原因を作ったのは夫であって私のせいではない。一人で不自由しているとは思うけど私がそこまで気を遣う必要はない。そのことがようやく自分の中に溶け込んできた。