幸せは人それぞれ

生きている限り、尽きることのないハプニングの記録・・・時々自戒もこめて

離婚カウンセリングに行った

別居して時間が経てば、おちつくかと思ったけど、ますます夫の顔を見るのが嫌になった。考えただけでも体が重くなる。しかしどうしても会う必要が生じ、会って確信した。私は死んでも元には戻りたくないと。

だが、際限なく気分が沈んでいき、どうしていいかわからなくなって、このままだと鬱になってしまうかもと思い始め、とにかく誰かに話しをきいてもらおうと離婚カウンセリングを受けにいくことにした。

カウンセラーは70歳くらいの女性、御自身もDV夫から逃れるように離婚した経験があるとのこと、さすが経験豊富なカウンセラーといった感じで、二割も伝えられなかった凝り固まった事情もすぐに察し、私のつたない話の中から夫がどういう性格なのかも理解してくれた。そしてあなたのようなケースはさっさと離婚したほうがいいのよという一言。この言葉に自分の来た道は間違っていなかったと、ようやく肯定されたような気がした。

そして離婚までの手続を教えてもらい、最後に料金の話。離婚成就までカウンセラーに付き添ってもらうのに30万円、弁護士に初期費用として40万円と成就したら分割された財産のうちの20%を支払い・・・

え!そんなにお金払うの?そこまでして私は離婚したいんだっけ?確かに離婚はしたい、でもそこまでお金つかう必要ある?そんなに差し迫った状況でもないし、今の状態を続けられるなら別居状態でもかまわないんだけど・・・急に雲が晴れてこの先の道が見えてきた。

カウンセリング、行って良かった!