幸せは人それぞれ

生きている限り尽きることのないハプニングの記録・・・時々自戒もこめて

母親の「彼氏」を子どもたちは受け入れられるのか・・・

今の世の中、両親が離婚する家庭は珍しくない。そしていつの時代も母親はたくましい。失敗は失敗として割り切り、子どもたちを育てながら、さらには自分の未来の幸せをも勝ち取ろうとがんばる。

しかし、母親が新しいお父さん、あるいは「彼氏」を連れてきたとき、子どもたちは心から祝福し、受け入れているのだろうか。大きくなれば大丈夫じゃない?って簡単に言うけど、意外と簡単な話ではないような気がする。

Aさんは成人前の娘さんが二人いる。彼女たちが中学生のころ、今の夫と付き合い始めた。外で会っている間は問題なかった。彼と娘さんたちもラインで会話し、一緒にアイスクリームを食べに行ったり、Aさんから見るととてもいい関係を築けているようにみえた。そして娘さんたちが受験にさしかかった頃、待ちきれなくなったAさんと彼は、母娘3人で暮らしていたマンションで一緒に住むことにした。表面上は仲良くしていた娘さんたちであったがこのことにかなり傷ついていた。とくに下の子は受験で気を遣ってほしい時期に、母が自分よりも彼氏を優先したことが相当ショックだったようで家で全くしゃべらなくなった。友達にはこれまでは3人で楽しかったのに・・・と漏らしていたという。なんか切ない。それでも娘さん二人はお母さんを気遣い、不満は言わない。

Bさんは子ども同士が幼馴染という複雑な相手。Bさんにも彼にも二人お子さんがいる。お互いシングルとなり付き合い始めたようだが、思春期の子どもたちは親同士の関係を知ったとき、大荒れだったようだ。現在は子供たちは成人し、上の娘さんは結婚して子どももいるが、いまだにBさんの彼を受け入れられず、しょっちゅうBさんと衝突している。息子さんも社会人になっているが、いまだにBさんとはまともに口を利かないそうだ。Bさんの場合、子どもたちがもう少し大人になるまで伏せておくべきだったのかな。でも彼女は嘘を付けないタイプだから黙っていられなかったらしい。

もちろんこれは思春期以降の子どもの話。子どもたちが幼ければ、親はもっと慎重に行動するだろうし、むしろまだわからないから逆に受け入れやすいかもしれない。が、もう大きくなったから理解できるだろうという考えは間違っているように思える。大きくなったとはいえ、母親は母親。それがある日突然、他の人と恋愛している姿をみて、さらに母親の中で自分の優先順位が別の男ととってかわられていることに気が付き、ショックを受けるのではないだろうか。だからといって決して親は子どもをないがしろにしているわけではない。子どもの人生も含めて、より望ましい方向に進もうとしているのではあるが、塩梅が難しい。

すでに自立してからであっても親の第二の人生に複雑な思いをかかえる人は少なくない。Cさんは父親が亡くなり、さらに自分が結婚した後にできた母親の男友達にさえ複雑な気持ちだったという。そこまでいくと単なる親離れできない甘えのようにもみえる。海外の友人は成人した子どもは親の新しい人生のために離れるべきだという。確かにいつまでも母親の役目を負わせ続けるのは甘えたいという願望の現れでしかないかもしれない。しかし、せっかくがんばってがんばって、ようやく自分の幸せをもう一度つかみ直したのに、子どもたちへの罪悪感が消えないのは母親にとっても辛い。

結局、いくつになっても子どもへの心配は消えない。。。