幸せは人それぞれ

子育ても終え、後は人生を謳歌するのみ!最大限にセカンドステージを楽しもうと日々模索しています。

受験失敗 親だってつらい

 この時期、センター試験や受験という言葉をきくと、いまだに胸の中を暗い雲がたちこめる。

 我が子の受験期、何度受けても不合格。世間は口をそろえて「がんばって~」と激励をくれる。でも今さらがんばったってもう無理なんだよ。「火事場のバカ力で受かった~!」「おめでとう!」という言葉。無理なものは無理だしっ!全然おめでとうじゃない人もいるし!一気に桜が嫌いになった。

 二浪した娘。一浪した息子。

 もちろん本人たちはつらかったとは思うが、それをどうすることもできず傍観するしかない親もどれほどつらかったことか。家に帰って何時間もゲームをし、そのあげく疲れて寝る。次の日の予備校は遅刻。そんな生活で受かるわけがない。先生がこの子はダメなタイプと見放しているのがひしひしと感じられる。注意しても「勉強している!」「こっちはつらいんだ」と言い返してくるばかり。ゲームに逃げたって受験はやってくる。受からなければ先に進めない。立ち向かうしかないじゃない!何度もその言葉をのみこんだ。本を読んでもネットで検索しても、見守るだけという答え以外に「術」はみつからない。見守っているだけだと失敗するのは目に見えているのに、本人に気づかせたいだけなのに、画期的な「術」がみつからない。子どもを信じろっていうけど、時間は刻々と過ぎていく中、ひたすらゲームを続ける子をどうやって信じればよいのか。自分で受験したほうがよっぽど楽だと思った。

 二人とも盛大にお金を使い何校も受け、私は発表のたびに殴られているような気分を味わった。自分の子育てが失敗したんだと何度も自分を責めた。もっと真摯に世の中に向き合う子に育てるべきだった。自分の頭で考えていける人にしようと、できるだけ口をださずに自分で選択できるようにしてきたつもりだったが、それはただ私が子育てを怠ける口実に過ぎず、最初の方向性は親として示すべきだったのだ。楽な方に流れることを許してしまったのだ。あるいは家の中の雰囲気が悪かったせいかもしれない。全く会話がない夫との関係改善のために「努力」する姿勢をみせるべきだったのかもしれない。

 一流大学に合格させた親御さんの得意げな言葉にむかつく。うちの子たちはあの子たちよりも価値がないということか。私の親の、大学なんてどこでもいいんだよという慰めにもむかつく。私が受験のときはさんざん罵倒したくせに。きっと陰で姉と馬鹿にしているに違いない。人生は受験がすべてではない、大企業に就職することだけが正解ではないというのは、所詮きれいごとにすぎない。大企業に就職できるだけの武器(学歴)をもち、あえて行かない人がそう言うだけであって、門前払いを食わされる人は、結局は負け組。世の中、受験の成否から生きる道を選別されているのだ。私は子供たちを勝ち組に送り込むことができなかった。

 こんなどうしようもなく偏ったネガティブな感情に支配され、敗北感に打ちのめされ、なかなか立ち上がれずにいた私も、ここにきてようやく視野が広がってきた。

 現在、二人とも大学生活を楽しく送っている。最初からここでよかったんじゃない?と思えるほど人生を謳歌している。就職もどうなるかわからないが、あとは本人がなんとかするだろうし、なんとかなりそうに思える。三流大学であっても、それなりに道は開けている。

 結局あの頃探していた画期的な「術」はみつからないままだ。もし私と同じような境遇に陥った人に出会っても、月並みに「なんとかなるからがんばれ~」としか言えないと思う。わが子であっても、やはり人を変えることはできなかった。しかし、受験はほんの一通過点であって人生を決めるわけではないという意味は、遅まきながらわかってきた気がする。受験なんて些細なことで、この先どんな壁にぶち当たるかわからないのだ。その時、受験ですらどうしてやることもできなかった親が、守ってあげられるわけがない。だから子どもには自力でリカバリーできるだけの力をつけさせておくことが一番重要なのだと。そういう意味では受験に苦労したことも糧の一つになっていると思いたい。気の持ちようと言ってしまえばそれまでだけどね…。

過ぎた時間に後悔し、過ぎた時間に癒される。その繰り返しだが、親も成長し続ける。

 

 

 

調査会社にロマンス詐欺の調査を依頼した

 詐欺師だという決定打がなく、しかし限りなく胡散臭い人に出会った。私がかねがね行きたいと思っていた国の人で、行けば現地を案内してくれるという。政情不安な国だし、本当にまともな人なら安心して観光ができる。行きたい!チャンスかも⁉しかしどうしても何かがひっかかって100%信用しきれない。そこでアメリカのとある調査会社に調査を依頼することにした。依頼メールを送信したのはアメリカ時間で夜中だったにもかかわらず、5分もせずに返信が来て調査を開始してくれた。

 結果からいうと大した情報は得られなかった。もちろん調査会社が悪いわけではない。私が全く情報を持っていなかったからである。恥ずかしながら、そのことに気が付いたのは依頼してからのことだった。必要事項を入力しながら、自分がLINEのID以外に相手のことを知らなかったことに気がついたのだ。住所も本名も電話番号も知らない。唯一、もっている情報は写真と職業(自称)だけ…。このような状況で相手を信用していたことに我ながらあきれかえってしまった。調査会社に住所でも電話番号でもいいから相手に確認しろといわれ、彼にきいたが、かたくなに電話番号も住所も言わない。「I'm honest」を繰り返すばかり。最初っから確認すれば、依頼せずともこの時点で信用できないとわかったのに…。

 それでも一応調査は続行され、詐欺師と思われるので今後連絡を取らないように、この写真も職業もフェイクだよ、といったレポートが送られてきた。当たり前だよね…。お値段は日本円にして約7万円。安い金額ではない。わざわざ依頼しなくてもそれくらいのことは、自力で突き止められたはず。あまりにお粗末な状況だが、しかし一度バイアスがかかって相手のいうことを信じてしまうと、何も知らないことにすら気が付かないのだ。実際に被害に遭われている方もたくさんいる。ネット上の会話だけなら全く問題ないがそれ以上進展させるのであれば、自分では大丈夫と思っていても調査を依頼する価値はあると思った。

 

ロマンス詐欺師に騙されないために

 元はといえば、英語を今度こそ流暢に話せるようになるというのが目的だった。外国の友人を簡単にみつけられる環境にいないのだから、このようなサイトで相手を見つけるのが手っ取り早い。次々と声をかけてくる詐欺師を適当に流しているうちに、まともな人に出会うこともできるだろう。そう思って続けていたのだが、気がついたら英語を学ぶことよりもロマンス詐欺を見破ることに熱中していた。

 ロマンス詐欺師と話すことは非常識かもしれないが、最初から気をつけてさえいれば、相手の傾向や嘘を見極めることが結構楽しい。Language Exchangeという素敵な響きのサイトも、結局はグローバルな出会い系であって、詐欺師であふれかえっている。声をかけてきた人の80%は詐欺師と思って間違いない。しかし本来サイトでなくても、初対面の人を頭から信じるはずはないし、あれこれ質問をして確認をして安心できる人かどうかを見極めることは、常日頃からおこなっているべきことだ。日本にいる限り、ここまであからさまな詐欺師にはそう頻繁には出会わないので、つい信用してしまうが、世の中には騙そうとしている人が多数存在しているということを認識すべきである。逆に彼らはお金を持っている人から取るのは当たり前という感覚でいる。文化が違うということを肝に銘じておかないと異文化交流は難しい。

騙されないためには

 詐欺師にだまされないようにするには、常に詐欺師であるかもしれないということを忘れずにいること。見知らぬ人と出会うのだから、旅行であってもサイト上であっても常に危険は伴うと思っていたほうがよい。しかし、最初は詐欺師と思って気をつけていても、相手が会話がうまいとだんだん話しにひきずりこまれて、いつのまにか旧知の仲のように思えてくることがある。朝晩と頻繁に連絡を取り合っていると自分の生活に入り込んでくる。相手の策略だから絶対に相手のペースに巻き込まれまいと思っていてもついついつられて話してしまう。「相手がもし詐欺師だったら…」という状況を常に考えているべきだ。

たくさん質問をする

 SNSであまり詳細に手口を公表すると、詐欺師の技術力向上につながってしまうらしいので具体的には上げられないが、騙されないためにはたくさん質問をし、会話の内容や状況を検証するということに尽きるのかなと思う。緊急でお金が必要といった設定を作りやすいらしい人気職業の船乗りも、しつこく現在地や船について聞くとちぐはぐな答えが返ってくる。住んでいるところについて詳しく教えてほしいと言って返ってくる内容もまたどこかからパクってきたような内容だったりする。(その文章をググるとでてきたりする。)文化や習慣の違いがとっさの返答や設定にあらわれる。もちろん用意周到な詐欺師もいるから一概には言えないかもしれないが、ちらっとでも違和感を感じたら絶対に詐欺を疑うべきだ。

誰かに話す

 これが一番有効。友人でも家族でも誰でも構わないので、とにかく状況を話す。話すことで整理ができて、客観的に見ることができる。自分が馬鹿げたことをしていることに気づく。いざお金を要求されたときにも周りがひきとめてくれるはず。

そして絶対にしてはいけないこと

  1. 絶対に口座番号を教えてはいけない。
  2. 絶対にお金を送ってはいけない。
  3. 絶対に住所を教えてはいけない。

  口座番号を教えるなんてまじありえない!と、誰もが思う。しかし現実に被害に合っている方はたくさんいる。会話を何日も続けているうちに深みにはまって、旧知の仲と錯覚してしまうのだと思う。しかも相手はあらん限りの言葉を使って愛のメッセージを送ってくる。騙されるのも理解できないわけではない。しかし、お金の話がでたら100%詐欺だ。詐欺以外ありえない。「彼は詐欺なんかではない、私を家族と思っているんだ、外国ではお金の貸し借りは当たり前のことなんだ、本当に困っていて、しかも私以外に友達はいないんだ」と言い訳を考えがちだが、それは絶対にない。プレゼントを贈るから住所を教えてほしいというのもよくみるフレーズ。教えてはいけない。

  一番騙される要因が、サイトで出会う中には実際にまともな人もたくさんいるということ。だからつい目の前のチャットの相手は今度こそまともな人なんだと思いたくなってしまう。しかし、まともな人であれば絶対にお金は要求してこない。

あ…あと下半身も見せてこない…(笑)

 

www.fbi.gov

 

 

 

 

 

 

詐欺といえばトルコ?(2)

あれこれトルコの詐欺を検索しているうちに、及川眠子さんの『破婚』に出会った。及川さんはエヴァンゲリオンの作詞家で、なんと18歳年下のトルコ人に三億以上ものお金を貢いだというぶっとんだ経歴の持ち主。あの一度聴いたら耳に残る名曲が生み出したお金はすべてトルコ人の豪遊に使われたという、今まで読んだ本の中で一番衝撃的かつ共感できた本だった。

破婚: 18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間

ヒット作がでると億単位で収入があるということにもびっくりしたが、及川さんの度胸のよさ、潔さは称賛に価する。素晴らしい!人生なんて一度だけだし、自分だけのものだし、それくらい思いきらないと楽しくない。しかも転んでもただでは起きないポジティブ思考。さらっと書かれてはいるが、本当に、本当に大変だったはずだ。大金が目の前から消えていくのだから!しかし、そこから自力で這い上がってくるたくましさが心地よい。

確かに三億というとすごい被害だが、三高を狙って高収入の男性と結婚してそのお金で贅沢三昧な人生を送る奥様をもつ男性と及川さんは、さほど変わらない。及川さんの場合は「破婚」したわけだが、どちらも大切にしてもらって幸せを得られるのであれば、お金の使い道なんて他人にとやかく言われる筋合いではない。

…と考え、気が付いた。カッパドキアのホテルについて話しているとき、自称ツアーガイドの彼は一泊400ドルのホテルを勧めてきた。一泊400ドルって東京の五つ星ホテルに泊まれる金額だよ、そもそもガイドブックにそんなホテルないし、高すぎる!と返信したのだが、今にして思えば、自分のホテル代も私に払わせるつもりだったのかな。及川さん曰く、トルコ人の感覚ではお金は持っている人が払うのが当然とのこと。彼も騙してお金を取ろうというのではなく、私のお金を自分のために使おうとしているのだということだったのかと。そう考えると筋が通ってくる。彼はお金をだまし取ろうとしたのではなく、私に愛情を「提供」し、私のお金を副収入として利用したい、大好きな日本に自由に行き来したい、ついでに自分のありあまる性欲も満たしたいというおいしい「ビジネス」を計画していたのではないかと。

だからOKというわけではない。しかし相互扶助であれば、「お金持ちと結婚したい」というよく耳にするフレーズとなんら変わらないわけで、詐欺に遭ったとはいえないようにも思えた。何度も言うが、詐欺ではないから信頼できるわけではない。人によってはギブアンドテイクが成立する場合もあり得るというだけだ。

 

トルコは強引に物を売りつけるイメージが強く、ともすればそれ自体を詐欺としてしまいがちだが、他国の人に言わせるとそれが彼らの長い歴史の中での商法なのであって、はっきり断ればいいだけのこと。カモになっている日本人の方がおかしいと言う。くやしいが日本人はつい、いい人になろうとする。相手を傷つけないように気配りしてしまう。そこが狙われるんだよな。

しかし素敵な笑顔で甘く囁かれたら…私は拒絶できないかも(笑)

 

 

 

詐欺といえばトルコ?(1)

詐欺といえば、やっぱりトルコ! トルコの詐欺を語らずしてロマンス詐欺を語るなかれ!でもこれも結局「文化の違い」といってしまえば、それまでなのかもしれない。

 

話しかけてきた彼はツアーガイド。日本大好き、38歳。例によって年齢は関係ないと言い切る。これは詐欺の定番の口説き文句ではあるが、ヨーロッパ全体からうかがえる年齢に前向きな考え方が、常に年齢を気にして生きている日本人のおばちゃんにとっては、とても耳に心地よい。

それにしてもトルコって政情は別として本当に魅力的な国。イスタンブールカッパドキア…次々と送られてくる素敵な写真にうっとりとしているうちに、LINEの会話はどんどん深みにはまっていった。

トルコに行けば、彼がすべて行きたいところをアレンジして連れていってくれるという。行きたい!危険?でも行きたい・・・初日は自分でホテルをとって、そのあともいつでも自分で予約できるように下調べしておけば大丈夫かな。いざという時に頼れるような信頼できる現地の人がいれば安心じゃない?幸い友人にトルコ人の知り合いがいて口をきいてくれるという。

 

彼のツアーガイドという話には、嘘が感じられない。日本人の観光客をガイドしたとか、東大の教授をガイドしたことがあるとか、その内容がいたって自然。ただ一度も疑念がわかなかったわけではない。今、日本人の観光客を絨毯のお店に案内して外で待っている、お店に入って絨毯の写真を撮ってきてあげるねといって、数分後に送られてきた写真がパンフレットのようにきれいだったこと。絶対自分でスマホで撮影したとは思えない写真だった。また最初に送ってくれた彼自身の写真と実際に話している彼の顔、後からよくみるとなんと別人!写真の彼より実際の彼は、髪は多いし髭の色が薄い。染めたっていうけど、髭まで染めないよね?さすがに髪も増えるわけないし(笑)

 

そんなこんなで熱もさめ、旅行はやめることにした。

彼は相変わらず連絡してくる。私が行かないのであれば自分が日本に来ると言っているが、今のところ来ていない。

 

「トルコ 絨毯 詐欺」で検索したところ、先人たちの情報があふれかえっていた。騙されて高額の絨毯を買ってしまった、恋愛関係になったがお金を貢がせるためだったなど、どれもこれもはたからみていると、それ騙されているでしょって不思議に思うものばかり…しかし当人は信じてしまうとなかなか気が付かないんだよということに、今回わが身にふりかかったことでようやく理解できた。みんなおかしいと心のどこかで思っている。しかし目の前の素敵な笑顔と甘いささやきに負けてしまう。そっちの方が疑うよりも明らかに幸せを感じるから。

 

トルコのイケメンとフレンチの共通点…そういえばムンバイにも

Language Exchangeにも、たまには詐欺師でない人がいる。

声をかけてきたトルコの若者、私好みの超イケメン。とろけるような優しい笑顔で、本当に素敵…これこれ、こういう出会いを望んでいたのよ~と、うっとりしながらチャットを始めた。そしてある日のチャットで映し出された彼は上半身裸。うーん、裸体も嫌いじゃないから別にいいけど…でもベッドの上の半裸の若い男性と会話している状態ってネットを通じてとはいえ、ちょっとなんだかな~と半分困惑しながらも話していた。そのうちだんだんと彼の動きが変になっていく。そして徐々にカメラが下の方を映すアングルになっていった。

え? は?? 何???

いやいや、久しぶりに見せられてびっくりしました。しかし、おばちゃんの顔見ながらでもOKなんて、どれだけ不自由しているんだか…

いい男だったのにちょっと会えなくなるのは残念…という「もったいない精神」から、この後何度かずるずると、果てるのを見届けてしまった私もヘンかもしれない。

 

一方、フレンチのメンズに興味はないかい?と話しかけてきた彼、職業はトレーダーで先月赤坂に行ったとか、ピンポイントすぎて100%うさんくさい。しかしビデオチャットで会ってみると、人なつっこい笑顔で全くヘンな人にはみえなかった。フランス人というのは事実らしく英語があまりできないためにほとんど会話が成立しない。しかし彼にとって、会話は目的ではなかったようで、惜しげもなく自分のモノをみせてきた。ばかばかしくて思わず笑っちゃったら、すっごくうれしそうに、こんな反応をする日本人は初めてだよって…って別に私は喜んで笑ったわけではない(怒)!助長させてはいけないというか、特段おもしろくもないのですぐにブロックした。

 

金目当てのロマンス詐欺だけでなく、バーチャルセックス目当てに声をかけてくる人もかなり多い。まあ、金銭的損失を被るわけではないから、ある意味害はないと言えなくもないが、不意打ちをくらって気分の悪い思いをしないように気を付けたい。

 

そういえば後で気が付いたのだが、ムンバイ在住という50過ぎのおじさまも色目当てだった。もう恋愛を求める年ではないとかなんとかいいながら、「I feel naughty.」としきりに言ってくる。実はその時、私は「naughty」の意味は「いたずら」としか認識しておらず全く話が通じなかったら、おじさま最後にはキレていた。

「I feel naughty.」が「エロイ気分」という意味だということはあとで知った。こうやってビジネスでは使えない単語ばかり覚えていく。

しかも、詐欺師や変人ばかりと話していると、実生活でも人を疑ってかかるようになってしまった。性格悪くなりそう。

 

歌う詐欺師

 エディンバラ出身でおばあちゃんが中国人というシンガポール在住の航空機器セールスマンは、君のために歌を歌うから聴いてくれと電話口で歌を歌ってくれた。それがまたひどい。こんなひどい歌を平気で聴かせるなんて詐欺師に違いないと、なんの根拠もない確信をもった。

設定は細かい分、アラが目立つ詐欺師だった。自分は中国人とスコットランド人の10%クウォーターだという。…クウォーターって25%じゃないの?

英語は癖がなく、ネイティブと言われたら信じてしまいそうだけど、演技がくさい。奥さんいるの?ってきくと、さもつらいことのように(本当ならつらいことに違いないが)重々しく、亡くなったと言う。そのつらさを演出するための間が開きすぎ!回線トラブルで切ろうかと思った。また、長時間連絡がとれなかったけど何かあったのかと、突然電話をかけてくる。それがさも心配して慌てたふりをよそおっているが、わざとらしい。さらに私の仕事時間が長いことを気遣い、君の体によくないと真剣に怒っているふりもする。どれもこれも嘘のにおいがプンプンする。嘘のてんこ盛り状態だった。しかしこれだけ詐欺だと断定できる状態なのに、もしかしたらまともな人なのかも…と信じたくなる気持ちが、時折顔を出してくる。そのたびに下手な歌声を聴いて、冷静さを呼び戻していた。

 

ある時、電話の後ろにコールセンターのような複数の人が電話で話している声が入ってきた。雑音を切るのを忘れていたらしい。「声がするけど、コールセンターにいるの?」って聞いたら、慌ててかけなおしてきた。窓の外で交通事故があっただの、友達が来ているだのと、筋の通らない言い訳をする。こういった突発的な対応が詐欺師は下手だ。恐らく普段の生活とあまりにかけ離れた設定にしているから、自然な言い訳を思いつかないのではないかと推測。

送られてきた写真を別人のものだよねと問いただしても、自分だと言い張る。しかも今度日本に私に会いに来るという。なんとかして騙そうとしているんだよね。ついては来日の前にビデオで話そうと言ってきた。どんな映像を送ってくるのかと楽しみにしていたが、なかなか始まらない。帰宅途中だからもう少し待てだの、急用ができたからもう少し待てだの、やたら時間がかかる。あげくのはてにWhatsAppはよくわからないから、Skypeでやろうといい、しかしそれもつながらず、結局Facebookを指定してきた。前にも書いたが、ビデオチャットで他の動画を映しながら、音声を同期させるのには、高度な技術が必要ならしく簡単にはできないようだ。少なくとも成功した詐欺師には、未だ出会っていない。なかなかうまくいかず彼は明らかにイライラし始めた。そしてようやく映しだされたのは、なんと金髪青い目、パンツ一丁でソファに寝そべったおっさん!写真の彼とは似ても似つかない。そんな動画しか見つからなかったのか!しかも音声は全く合わせられず、思わず吹き出してしまった。むしろビデオチャットなんてしないほうが騙せたのに…と、あまりのひどさにむしろ同情の念を覚えたくらいだ。

「ばかじゃないの?」とメッセージを送ったら、「もういい」と逆切れの返信がきた。当たり前か(笑)しかしきっと彼は自分のできなさぶりに自己嫌悪に陥っていたんだろうな…笑える。

ちなみに彼の使ったこの写真の紳士は、カザフスタンの起業家を支援する人でツイッターもありyoutubeもありの有名人だ。カザフスタン以外では、ばれないとふんでいたのか、たくさんの写真をサイトの自己紹介でも平然と使っている。本当にこの人だったら良かったのに!

f:id:eudaimonia2018:20180916211727j:plain